• タイムカードの勤怠管理

    タイムカードとは勤めている会社やアルバイト先などで自分専用に作成してもらい、出勤や退社をする際に必要になるものです。

    多くの会社ではこのタイムカードを使用して従業員やアルバイトの勤怠管理及び給料の計算や働いた労働時間を管理しています。



    このカードによって勤怠管理が行われることで誰がどのくらい仕事をしているかなどを簡単に出すことができます。
    タイムカードは会社によって異なりますが、紙のタイプで時計とトースターを組み合わせたような形の機械にカードを入れて出勤、退社の時間をカードに打刻する方法とICカード式であらかじめICチップが組み込まれたカードが支給されて、カードリーダーにICカードをかざすことで勤怠管理をする方法があります。
    ICカードによるタイムカードを採用している会社の場合、カード自体に出勤や退社の時刻を表示させることはできないが管理を行っているパソコンに全て情報が記録されるため管理が紙のタイプに比べて楽でありパソコンを使用することで労働時間や給与計算などが簡単にできます。


    勤めている会社やアルバイト先によってカードを切った時間からの給与計算方法が変わってきます。



    端数を切り捨てて計算をする会社や1分単位で計算を行う会社、15分単位で計算をする会社など様々です。最近では、紙のタイプによって勤怠を管理する会社よりも社員証とタイムカードを組み合わせた勤怠管理を行う方法が主流となってきています。



  • 技術の話

    • 勤怠管理に必要なタイムカードの役割は時間を記録するということです。従業員ごとに管理をしなければならない勤怠は出勤時間と退勤時間を記録して勤怠管理を行います。...

  • 技術の秘密

    • 皆さんの企業では、どのように勤怠管理を行っていますでしょうか?タイムカードを導入せずに、WEB上でのインプットやエクセル表欄に勤怠時間を書き込むなど、自己申告で時間を記載する方法で行っている企業もあることでしょう。正社員や契約社員の場合は、月給制を取りいれていることが大半ですので、残業代を支給する必要がある場合を除いて、そこまでの正確な時間は必要ないかと思われます。...

  • 予備知識

    • 会社の中では従業員に対し、日々の勤怠管理を行う目的でタイムカードへの入退社時刻の記録を義務付けています。タイムカードと言うのは、タイムレコーダーに挿入する専用の用紙で、タイムカードをタイムレコーダーに挿入すると、挿入した時刻が記録されます。...

  • 知っておきたい情報

    • 勤怠管理は日々業務を行う中で必要なもので、1日どれだけ仕事として業務を行ったのか時間を管理するのは企業では必須の作業となっています。忙しい業務の中でこうした勤怠管理を社員一人一人が行うことは、必要でありますがなかなか時間をとることができないというのも現状です。...